札幌のマンスリーマンションをご紹介

突然の単身赴任や中長期的な出張でホテル代わりに利用したり、リフォーム中の一時的な転居、初めての一人暮らしをする前のお試しで利用したりと様々な利用方法があるマンスリーマンション。
引っ越し先を選定するための街の下見や病院の通院などで利用する人もいるとか。
手軽に、新しい暮らしをスタートさせることができ、気軽に住み替えを可能にしてくれる便利なこのシステム。
最近は、札幌へのインバウンド(訪日外国人旅行)の増加によって、観光時期はホテルが満室都なる場合も多く、中・短期の旅行の拠点として利用されることも増えてきたようです。

マンスリーマンション・ウィークリーマンションとは

敷金・礼金・仲介料が無料なところがほとんど!

マンスリーマンションやウィークリーマンションは、1ヶ月単位で賃貸契約できる短期入居者向けのマンションです。通常の賃貸契約だと2年契約がほとんどですが、1ヶ月単位でお部屋が借りれるので、例えば転勤が決まった際にお部屋が決まるまで利用したり、病院での療養のお見舞いで利用する人もいます。
物件の規定に応じて、週・月単位(場合によっては細かく日数を指定できる場合も)で借りることができる賃貸物件です。一般的な賃貸は「普通借家契約」ですが、マンスリーマンションやウイークリーマンションの場合は、最初に契約期間を決め、更新のない契約形態「定期賃借家契約」を結びます。

マンスリーマンション・ウィークリーマンションとは

マンスリーマンションのメリットとは?

●家具を買う必要がない
最初から家具が揃っているので購入する必要がなく、着替えを持ち込めば引っ越しはほぼ完了になります。ただし、物件によって内容に差はあるので、事前に確認が必要!

●敷金・礼金・更新料がかからない
かかる経費は家賃・共益費・仲介料・清掃費・寝具代など。不動産企業によって、光熱費込み・インターネット無料など、サービスが異なるので比較ポイントになります。

●長く借りるほどお得
「1週間以上1ヶ月未満」「1ヶ月以上3ヶ月未満」「3ヶ月以上7ヶ月未満」「7ヶ月以上~」など、契約期間に応じて、割引プランが設定されている企業多数。

●保証人がいなくても入居できる
部屋を借りる際によく求められる「保証人」。それがウィークリー・マンスリーマンションでは不要です。親戚に頼んだりする時間と手間を、省くことができます。

マンスリーマンションのメリットとは?

デメリット

●インテリアの自由度が低い
テレビ・電子レンジといった電化製品から、ベット・机・椅子・カーテンなどが最初から用意されているため、自分好みのものを取り入れることができません。新生活の醍醐味のひとつ「インテリア」を楽しめないのは、ちょっと残念かも?

●全額一括前払いが基本
仲介料・敷金・礼金は必要ありませんが、入居前に全額支払いが基本になります。しかし、管理会社によっては分割に応じてくれる場合もあるのでお問い合わせしてみましょう。

●途中解約が複雑
長期割引などを受けている場合、違約金が発生する場合もあるので契約時によく確認しましょう。

デメリット

札幌でマンスリーマンションを借りるなら

札幌のマンスリーマンションは年々増加傾向にあり、webサイトから予約できたり、見積もりがだせたりというサイトも増えています。
その中からマンスリーマンションの予約サイトをご紹介します♡


▽ 全室ネット無料!リーズナブルなマンスリーマンションが揃う
ノースステイ

▽ 高級マンスリーマンションからリーズナブルな物件まで探せる
札幌マンスリードットコム

▽ 中〜長期ならこちらがおすすめ!仲介手数料無料。
家具付きの賃貸紹介サイト「賃貸生活」

▽ 高級タイプのマンスリーマンションならここ!
高級タイプのマンスリーマンションならキタコーマンスリー

▽ 札幌市内全域にリーズナブルな物件を紹介してくれる
札幌のマンスリーマンションの【HFP株式会社】

▽ 1泊980円〜という激安マンスリーマンションも!
札幌ウィークリードットコム



複数人数でご利用される場合、追加料金でご利用いただけるため、さらにお得感が!
長期間の札幌・北海道観光をされる場合は、ホテルよりもマンスリーマンションを利用される方が格安で借りれる場合も♡
さらに、ほとんどの物件は法人契約も可能なので、寮や社宅を確保する場合も、引っ越し、家財の用意などを考慮すると賃貸物件よりもコストを軽減することができます。
マンスリーマンションを上手に活用して札幌ライフを楽しんでくださいね♡

札幌でマンスリーマンションを借りるなら
/

curator : dotcomweb2@dmin

関連記事