髪の毛を子どもの医療用ウィッグのために・ ヘアードネイション

病気や怪我などが原因で髪の毛を失った子供達に無償でウィッグを提供するという取り組みが行われています。長い髪の毛をバッサリと切った時に「ウィッグが作れそう」と思ったことはありませんか?その髪の毛を寄付することで子どもが笑顔になれるとしたら・・。

ヘアドネイションについて

小児がんや先天性の無毛症で苦しむ子供達にフルオーダーのウィッグを無償でプレゼント

「髪の毛」の寄付を募り、医療ウィッグを必要としている18歳までの子ども達に寄付毛100%で作られたフルオーダーのウィッグを無償でプレゼントしているのは、NPO法人「Japan Hair Donation & Charity」(JHDAC=ジャーダック)。
この活動を立ち上げたのは美容師を含む美容関係者の3人です。
「髪の毛」を通じて世界に恩返しをしたいとの思いがヘアードネイションの活動につながったそうです。
小児がんや先天性の無毛症、怪我などで髪の毛を失いつらい日々を送っている子ども達が多くいます。医療用ウィッグは高額な上に子どもの成長に合わせて買い替える必要もあり、
大きな経済的負担がかかります。

病気でかかる治療費や親の負担を考えて髪の毛の悩みを言い出せない子どもがいるといいます。
ウィッグ1体の製作には20~30名分の髪の毛が必要で製作費用は十数万円かかるため、ウィッグ製作に必要な資金への寄付金も受け付けています。

参考:http://jhdac.org/

ヘアドネイションについて

出典:http://www.infobarrel.com/6_Places_to_Donate_Hair_that_Make_Free_Wigs_for_Cancer_Patients,_Those_with_Alopecia,_and_other_Medical_Conditions

ヘアドネイション・参加の仕方

年齢・性別・国籍、関わらずに髪の毛を寄付できます

年齢・性別・国籍、関わらずに髪の毛を寄付することができます。
 ・基本30cm以上の髪の毛
 ・パーマやカラーリング、縮毛矯正をしている髪の毛でも大丈夫です。
 ・白髪交じりの髪の毛でも大丈夫です。
 ・カットしてから歳月が経っている髪の毛でも大丈夫です。
 ・ヘアサロン、自宅どちらでカットしても大丈夫です。ヘアサロンでカットする場合には髪の毛を寄付に使うことを伝えて下さい。

*詳しくはJHDACホームページをご覧下さい http://jhdac.org/
NPO法人 Japan Hair Donation & Charity / JHDAC
ジャパンヘアドネーションアンドチャリティー/ジャーダック
〒531-0072
大阪府大阪市北区豊崎3-8-18

ヘアドネイション・参加の仕方

出典:https://onewigstand.files.wordpress.com/2010/11/hair-donation.jpg

札幌の賛同美容室

札幌の美容室でもヘアドネーションに賛同する美容室が少しづつ増えています

・petite chaleur  プチ シャルール
住所:札幌市厚別区青葉町4丁目12-1
Tel:011-375-9312
http://www.synka.jp/petitechaleur20111005/

・KIRICO
住所:札幌市中央区南17条西5丁目4-15
Tel:011-562-0363
https://plus.google.com/100637281353903255639/about?gl=jp&hl=ja

・atelier  ZiZi アトリエ ジジ
住所:札幌市北区新琴似8条1丁目2-5 1F
Tel:011-214-1693
http://atelierzizi.com/zizi2121.sakura.ne.jp/?page_id=2

・㏌ bloom  インブルーム
住所:札幌市豊平区月寒東2条19丁目 9-53
Tel:080-6901-8158
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000313520/

・HAIR SALON Groen ヘアサロン・グルーン
住所:札幌市中央区大通西15丁目1-13 ニューライフ大通公園1F
Tel:011-795-7567
http://www.dplus-groen.com/#!/concept

・美容室HAIR’S CALM 美容室ヘアーズカーム
住所:札幌市清田区美しが丘2条2丁目9-6
Tel:011-882-9360
http://www.h-calm.com/


大切に伸ばした髪の毛、お子さんが初めて切った可愛らしい髪の毛。捨ててしまわずに寄付してみませんか。贈った人も贈られた人もきっと心が暖かくなるはずです。

/

curator : dotcomweb2@dmin

関連記事