白いデコルテとほっそりネックライン・日々のケアで差をつける!

しなやかでほっそりとしたネックラインとすっきりとした鎖骨。しっとりと白いデコルテは思わず女性でも「ドキッ」としてしまうこともある、女性らしさを感じさせるパーツですよね。
しかし、デコルテはケアしないと、首のシワやくすみ、シミ、むくみなど、年齢を感じさせやすいパーツでもあります。
華奢なネックレスが似合うしなやかなネックラインになるには日々のケアが欠かせません!!
女性らしい色っぽいデコルテになれる方法をご紹介します♡

目 次

  • 1)洗顔・保湿はデコルテまで。
  • 2)デリケートなデコルテを紫外線と刺激から守る
  • 3)リンパマッサージで首スッキリ

1)洗顔・保湿はデコルテまで。

朝の洗顔時に首やデコルテまで洗うという人は多くないと思いますが、洗顔する時にはデコルテまでを洗うのが理想です。
顔と首は続いています。顔の肌がきれいでも首の肌との肌質やトーンが違っていては魅力半減です。デコルテまで洗うのは面倒で長続きしないわ・・と言うならば、拭き取り化粧水で汚れを落とすだけでも効果的です。洗顔、拭き取り後にはお顔のケアと同様に化粧水で保湿します。化粧水を普段よりも一振り多く使うだけで十分にデコルテまでを潤すことができます。乳液、クリームでのケアには注意が必要です。
胸元に近いデコルテは汗腺や皮脂腺が多くニキビなどのトラブルが出やすい場所なので、乳液などは少なめに付けるか、乾燥を感じなければつけなくても構いません。

参考:http://www.skincare-univ.com

2)デリケートなデコルテを紫外線と刺激から守る

肌荒れやシミの原因となる紫外線は、肌の真皮まで到達し老化を加速させます。
ガラス越しでも届くので室内でも紫外線対策を心掛けた方がいいでしょう。日焼け止めの塗り心地が苦手だという人でも普段使いの化粧下地であれば違和感なく使えるのではないでしょうか?
胸元の開いた服を着た時には、デコルテにもフェイスパウダーを付けると顔とデコルテの肌質に一体感を出すことができます。
肌寒くなると、マフラーやストール、ハイネックなど首回りを覆うことが多くなりますが、繊維による摩擦が肌への刺激にもなるので、肌に優しいコットンやシルクなど自然素材の物がおすすめです。
特にシルクは刺激が少なく、優しい肌触りが気持ちまでも柔らかくしてくれます。柔軟剤の使用も肌への摩擦を和らげてくれます。お肌に優しい柔軟剤を選ぶとより良いでしょう。マフラーやストールも洗濯し、清潔に保つことも大事です。 

3)リンパマッサージで首スッキリ

朝の洗顔・保湿ケア時や夜の入浴時に併せてマッサージをすると朝のむくみ解消、夜のコリ解消になります。

・リンパマッサージの前に軽い準備運動をするとより効果的です。
胸の前で左右の手をクロスさせ、鎖骨上のくぼみを軽く押します。(左手で右鎖骨・右手で左鎖骨を)
左右の首の筋肉を伸ばします。頭を左に倒して5秒、右に倒して5秒を5~10回。

・リンパマッサージのコツ
リンパを流すイメージでやさしく撫でおろします。手のひらよりも手の甲を使った方が力が入り過ぎません。マッサージは往復せず、一方方向に撫でおろすことが重要です。

・リンパマッサージの流れ
口からアゴの下へ→アゴの下から耳の下へ→耳下から鎖骨へ→鎖骨上のくぼみを軽く押す。

いかがでしたか?
デコルテが綺麗な女性って素敵ですよね♡
エイジングケアは何事も早めの対策が肝心です♪

curator : Kyoto

curator : dotcomweb2@dmin

関連記事