30代からのおすすめエイジングケア

30代エイジングケア

女性にとって30代に突入するというのは気持ちの上で大きなターニングポイントとなりますよね?
心なしか、肌の張りや透明感がなくなり、薄らとシミが!?
疲れや不調がなかなか抜けない・・・。30代半ばになるとそれらが気のせいではなく、実感を伴ってきます。
若さで勝負できたお年頃を過ぎた30代は、手をかけた大人の美しさで勝負です。
日々の手入れの効果が出やすいのも30代!今日からエイジングケア、始めませんか。

https://jp.pinterest.com

1)「 肌 」・乾燥、くすみ、ほうれい線・・・。衰えを感じる肌に簡単対策

ある日じっくり鏡を見ると「こんな所にしみあった!?」写真を見るとほうれい線がくっきり。ショックですよね。肌の老化の主な原因は乾燥、紫外線、筋肉のたるみ、の3つです。
洗顔の後の化粧水はタップリと。「多いかな?」と感じる位に。面倒でなければ何度か繰り返し付けてから乳液で蓋をすると効果的です。UVカット効果のある下地やファンデーションでの紫外線対策もお忘れなく。お出かけしない、ノ―メークの日にも下地か日焼け止めクリームはお忘れなく。お顔のたるみは頭皮の凝りやたるみも影響するので、頭皮マッサージや丁寧なブラッシングなどの頭皮ケアはお顔のハリを取り戻すのに効果的です。

2)「ビタミンC」 ・お肌の味方!毎日補給が効果的ビタミンCドリンク

ビタミンCには抗酸化作用やしみのもとであるメラニン色素の合成を抑えるなどエイジングケアには欠かせない働きをしてくれます。コラーゲンの合成にも必要な成分で不足すると肌のハリが失われることも!特に喫煙者はビタミンCの補給が必須です。
簡単に飽きずに続けられるのがビタミンCドリンクです。飲料水にビタミンCの粉末(L―アスコルビン酸粉末)を混ぜるだけ。500mlのペットボトルであれば小さじ一杯程度が適量です。多すぎると酸っぱくて飲みづらくなります。無糖炭酸水に混ぜれば爽やかに飲みやすくなり、おすすめです。
ビタミンCは体内では合成されず、摂取しても2~3時間で排せつされるので一度に大量摂取せず、一日のなかでこまめに摂取しましょう。

3)「食」・日常使いの食材でエイジングケア

子育て、仕事、プライベートと何かと忙しい30代女性。ついつい食生活も乱れ、手抜きがちになってしまいますよね?そんな人でも取り入れやすくエイジングケア効果のある食材を紹介します。ワカメや昆布はミネラルが豊富で肌を潤し、免疫力アップに。乾燥ワカメなら味噌汁やサラダ、塩昆布や昆布の佃煮ならおむすびの具に使えます。トマトに含まれるリコピンには強い抗酸化力があり、身体の錆びつきを防ぎます。卵はビタミンA、ビタミンBを含み美肌力を高めます。大豆製品では良質なタンパク質で身体や肌を作る素に。豆腐、納豆、きな粉に豆乳など調理なしで食べられるのが嬉しいところ。そしてアボカドは良質な脂質、ビタミンE、などを多く含み健康食として注目を集めています。コエンザイムQ10の美肌効果、脂肪分解作用のビタミンB6、豊富な食物繊維。正にエイジングケアの味方です。
切って種を抜いき、お醤油をかけてスプーンで簡単に食べられます。一日半分~1個が適量のようです。

//

curator : dotcomweb2@dmin

関連記事